女子の格安旅バックパッカー必見!ドミトリーの選び方&ポイント

ヨーロッパ周遊旅行

旅費を一番手っ取り早く抑えられる鍵はここにある!

今回ヨーロッパ9ヶ国約1ヶ月半の旅を、
約60万で満喫することができました。
この格安旅を一番助けたのが、交通費と宿泊費の節約!!
(※各地でライブなどの予定があったので要領の悪いルートになりましたが、要領よいコースで回ればもっと節約できます)

ヨーロッパ内の交通手段は基本的にバス、LCCを利用し、
宿泊は基本的にドミトリー生活。
しかしずっとドミトリーでは疲れるので一週間に数日間だけはシングルルームを利用しました。

着替えや下着の整理などに気を使うのが嫌だったので、ドミトリーは常に女性専用。
宿によっては女性専用の方が若干割高になりますが、大体差額は数百円から千円くらい。
居心地には変えられません…!

今回のヨーロッパ周遊旅で
9カ所のドミトリー 
5カ所のホステルのシングルルーム
3カ所のAirbnb
1カ所のホテル  に宿泊しました。

特にドミトリーについては本当に差が激しく、居心地が悪くて全く寝られない宿もあれば、 12人の大部屋でもぐっすり眠れる所など様々でした。

この経験を踏まえて、女子一人旅ドミトリーの選び方を解説します!!★

ドミトリー選びのコツ!間取りに注目して選ぶべし!

ドミトリーを選ぶ際には、いくつか間取りに注目すべき点があります。
それはこの2点。

  • 部屋とトイレが分かれている
  • ベッドの数、ベッドの配置

少し理由を説明してみましょう!

部屋とトイレが分かれている

私の中でこれはかなり重要でした。
ドミトリーを予約する際に、予約サイトで「プライベートバスルーム」と書かれていると一見プライベートで良い様なイメージを受けますが、実はこれが結構不便なんです…。

ドミトリー予約の場合「プライベートバスルーム」というと
部屋内に1つ(または2つ)バスルームが付いているということ。

8人や12人のドミトリーにバスルームが1つだと、大勢が一つのバスルームを使うことになるので、当然混みます。
また、運悪くバスルームの扉の近くのベッドになった場合
皆がバスルームに出入りする度にドアの開け閉めの音や電気が付いたり消えたりするので
眠りを妨げられてしまいます。

なので、バスルームは部屋の外に設置されている方がいいのです。

予約をするとき「共有バスルーム」と記載されている場合、ほとんどが部屋とバスルームが別になっているタイプ。
できればここに注目してドミトリーを選びましょう!
宿によって表記が違う可能性もあるので、心配だったら予約前に直接ホステルに確認すると尚安心!

ベッドの数、ベッドの配置

プライバシーのある静かな空間に泊まりたいなら、
重要なのはベッドの数ではなく、ベッドの配置と部屋の広さです。

6台ベッドのドミトリーは人数少なめですが、
大抵部屋が狭いのでベッドとベッドの距離が近く
居心地が悪いことが多かったです。

逆に12台〜24台の大部屋は部屋自体が大きくて皆それぞれバラバラのことをしているので気を使わずに過ごすことができました。

そしてベッドの配置も重要!
できれば、長細い部屋に、ベッドが左右壁沿い一列にズラッと配置されている大部屋が◎
縦長いと、周囲の人の動きや光があまり気になりません。
10人以上の大部屋でも同じ部屋の端っこの人は何をしているか全く分からないので、自分のペースへの影響が少ないんです。

ベッド毎に付いているカーテン、コンセントの重要性について

こちらは予約時に見ることが非常に難しいですが、とっても重要。
大抵どの安ドミトリーにもベッド毎にコンセントがあり、携帯の充電をできるようになっています。
しかし、稀にベッド毎にコンセントが付いていないことがあります。
そんな時に慌てない様に、携帯の充電器を持ち歩いておきましょう!

数年前からMaxell の充電器を愛用しており、スマホを2回フル充電できるので重宝しています。充電器自体の充電は割とすぐにできるので便利です。

マクセル USB Type-Cケーブル付き モバイルバッテリー 5200mAh(ブラック) MPC-CW5200PBKTYC

ドミトリーによっては、ベッド毎にプライベートスペースを持てる様に
カーテンが付いています。
これは、言わずともあった方が有り難いです…
カーテンを閉めれば個室の様なスペースになるので、自分がベッドライトを付けるときも
他の人が電気を付けるときも気になりません。

しかし、ヨーロッパではほとんどこのカーテンがついてないのが現状…。
カーテンがあるかないかは予約サイトの部屋の写真で確認ができるので、絶対にカーテンが必要な場合はよく確認してから予約しましょう!

事前準備必須!!2段ベッドの下段をリクエストしておく!

これはかなり重要…。
人によって好みが異なりますが、私は断然下段派です。
物を取り出す度にベッドから下りて、ロッカーをゴソゴソしてまたベッドに登るというのが
かなり時間と気を遣います。

特にドミトリー生活に慣れてないうちは要領が悪く、何度もバッグからものを取り出したりしまったりするので、上段だと大変です。

ドミトリーを予約した後に、必ずホステルへリクエストを送っておきましょう。
大抵のホステルでリクエストは確約ではありませんが、リクエストしておけば下段を用意してくれます。

旅費を抑えたいなら「キッチン付き」の重要性

オランダのスーパーで買って調理したソーセージとチーズが最高でした!

交通費、宿泊費の他に大きく旅費を節約するポイントが食費!
毎日レストランに行くわけにもいかないので、一人で通常の食事をとる時にはスーパーで簡単な食材を買って、キッチンで調理して食べるのが一番健康的で安上がり。

キッチン付きのドミトリーには大抵、共有冷蔵庫も付いています。
チーズやヨーグルト、サラダ等、要冷蔵のものには自分の名前とチェックアウト日を記入しておけば冷蔵庫で保管してOKというシステムが一般的です。
私は一人でレストランに行くのが好きじゃないので、いつもスーパーで買って軽く調理していました。
そこで友達なんかもできて楽しかったです♪

レストランに行くよりも、スーパーで地産のものを買う方が安くて美味しかったりするんですよね^^;

ドミトリーでの行動時間、ポイント

ドミトリーで起きる時間

どのドミトリーでも、大体8時くらいから起きて活動を始める人が多い。
バス、トイレが8〜9時に一番混むので、できれば一足先に起きて支度を済ませるか、
10時すぎから支度を始めると、ゆったりと使用できる傾向にあります。
出発時間が決まっている場合は、必ず余裕を持って準備に入りましょう!
思い通りの時間にシャワーやトイレが使えないことがあります。

シャカシャカビニール袋はNG

ドミトリーで早朝や深夜、皆が寝ている時にバッグからものを取り出したり、
荷物を整理したりすることがあるかと思います。
そんな時、シャカシャカと音のなるビニール袋は非常にうるさい…^^;
スーパーのビニール袋や、ユニクロのビニール袋の様な素材は就寝時間中のドミトリーにかなり響きます。
できれば、洋服屋小物はジップロックなどにまとめておきましょう♪

ドミトリー生活の必須アイテム

バスアイテムセット袋

防水性のバッグを持っておくととても便利!
石鹸、シャンプー、洗顔、化粧水、コンタクトセット、メイク用品を
常に袋に入れておき、朝と夜、シャワールームに行くときはその袋を持っていけばOKの状態にしておくと非常に便利!
一回一回準備する必要はありません♪

Yisin プールバッグ ビーチバッグ メッシュバッグ スパ 温泉 プール 大容量 折り畳み 海水浴 ネイビー

紐と洗濯バサミ

簡単に手で洗えてすぐに乾く靴下、パンツ、薄いハンカチなどは
お風呂に入った時に石鹸で手洗いします。
そしてベッドの端と端に紐を結びつけ、干しておけば1日で乾くので少ない荷物で済みます。

Teenitor 物干しロープ 旅行用 洗濯ロープ キャンプ用 2点セット クリップ付き 旅行用洗濯物干し キャンプ用洗濯干し 携帯用物干し 海外旅行 洗濯ロープ 旅行用 防風 伸縮 携帯便利 梅雨

すぐ乾くバスタオル

こちらは旅の必需品!!!
長期旅&ホテル・ホステルに宿泊する場合は必ず持っていくことをお勧めします!
ホテルは必ずバスタオルが付いていますが、ドミトリーは付いていないことが多く、借りられるとしても有料です。
普通のバスタオルだとスペースをとるし乾きにくいので、スポーツ用のタオルを持っていけば
ベッドに紐を結んで1日干しておけば、次の日にはまた乾いた状態で使えます。

Hiwild 速乾タオル スポーツタオル 2枚セット マイクロファイバー 抗菌防臭 高吸水 バスタオル 敏感肌/赤ちゃんに安心 アウトドア/登山/水泳/旅行/ヨガに最適 (グレー)

これは、実際に私が旅行中愛用したタオルです。口コミもかなり良くオススメ!

以上、女子一人旅でドミトリーを選ぶ時のポイントでした!!

参考になれば幸いです^^

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ヨーロッパ周遊旅行
余談ですが、私は塩対応のイギリス人がすごく好きだ。

Beatles、Queen、Redio head、最近では Ed Sheeran を初めとする、UK …

ヨーロッパ周遊旅行
ワセリン最強説 女子バックパッカーの荷物減らす術

今回のヨーロッパ女子バックパッカー一人旅で、一番自分の中で革命的だったのは、 この私がバックパック1 …

ヨーロッパ周遊旅行
イギリス人が口を揃えて勧める ロックの聖地 カムデン in ロンドンの魅力

ロンドンのバーで、たまたま出会った日本語堪能のイギリス人と友達に。彼が、絶対に言った方がいいよ!!! …